採用情報

研修制度

研修制度の考え方

三越伊勢丹プロパティ・デザイン(IMPD)では、求められる人材像「市場競争力ある専門性と高いマネジメント力で、お客さまの期待を上回る提案の実現に向けてやり抜ける人材」を目指す為に、「仕事を通した社員一人ひとりの成長が会社の成長に繋がる」という考え方に基づき、様々な研修、資格取得支援制度を整備してサポ-トしています。

研修制度は、「会社主導の研修」と、本人の意思に基づいた「自己選択型の研修」の2つに分かれています。

【会社主導の研修】

「基礎研修」・「昇格時研修」・「マネジメント研修」3つのカテゴリ-に分類され、IMPDが掲げる「求められる人材像」により近づくためのカリキュラムが用意されています。
各カテゴリーの考え方は以下の通りです。

基礎研修の考え方

「企業理念」「IMPDの目指す姿」の理解と実践に向けた研修や、会社の状況を把握しながら業務に活かすための研修を実施します。

基礎研修カリキュラム一覧

研修名 内容
入社前研修
  • 三越伊勢丹グループの概要
  • ビジネスマナー
  • 販売研修事前トレーニング など
入社時研修
  • 会社概要・人事制度など基礎研修
  • 各事業部での現場研修
  • 販売研修
  • お取組先見学 など
6ヵ月研修
  • PDCAサイクルの基本、タイムマネジメント
  • 労務知識・人事制度
  • 入社6ヵ月の振り返りと今後のキャリアプラン など
2年目研修
  • ビジネスコミュニケーション、プレゼンテーションスキル 他
3年目研修
  • ロジカルシンキング基礎 他

昇格時研修の考え方

昇格に伴う各ステージに相応しい意識と能力開発の為の研修を、三越伊勢丹グループ各社合同で実施します。

マネジメント研修の考え方

IMPDで特に重視される「マネジメント」とは、「人・もの・資本・情報という経営資源を最適に組み合わせて、これを最大限に活用して、企業理念を実現すること」を指します。

初級マネジメントでは、自担当内の経営資源の最適活用を、上級マネジメントでは、IMPD事業間のシナジーを創造するレベルのマネジメントが求められます。

マネジメント研修では、この一連の業務に必要なスキルを習得するためのカリキュラムを用意しています。

 画像
 画像
 画像

自己選択型の研修

外部の教育機関と提携し、ビジネススキル向上のための研修機会を設けています。
受講料は会社負担で、常時約120テ-マの中から選べる研修支援制度です。

資格取得支援制度について

専門性の高い業務を行う三越伊勢丹プロパティ・デザインの各事業には、事業登録や免許申請などを行うために必要な資格や、専門性を高めるために取得が推奨される資格があります。

それらの資格取得を促進する為、一時金や受験料負担などの支援制度を整備しています。

<支援制度の対象資格 一例 (一時金支給)>
一級建築士、ニ級建築士、宅地建物取引士、1級管工事施工管理技士、第2種電気主任技術者など