採用情報

コンストラクションマネジメント事業

佐竹晏奈/大切なのは現在の自分を知ること。成長の地図を描き、「できる」と信じて進むこと/2010年入社/環境創造事業部 コンストラクションマネジメント部 基幹店リモデル担当

「建築の仕事」が子供のころからの夢でした

父親が建築の仕事をしていたこともあり、小さい頃から「大人になったら建築の仕事がしたい」と思っていました。その夢は「進学」を機に「目標」へと変わり、無事「建築学科」に入学することができました。

就職活動では、住宅の設計や建物の内装まで手掛ける会社を主体に探していたのですが、ある日「百貨店の内装」という、今まで考えもしなかった視点を発見しました。それが三越伊勢丹プロパティ・デザイン(IMPD)です。多くの人の目に触れる店舗デザイン、様々な業種を手掛けるデザインの多彩さ、そして何よりもつくった後も自分自身がその作品をみられること。「住宅の内装」は一度つくったら自分でみることは滅多にないですからね。

その時からIMPDで「百貨店という特殊な環境での店舗デザインを手掛けたい」と思うようになりました。

幅広い知識が求められる「マネジメント」という仕事

私の仕事は、三越・伊勢丹の営業部とお取組先であるデザイン会社や施工会社の方の間に入り、プロジェクトを「マネジメント」することです。「マネジメント」の中身を具体的に言うと、プランニング(レイアウト、デザイン)、スケジュール管理、コスト管理、施工管理の4つの管理になります。これらを円滑に行うには、建築の知識だけではなく、実に幅広い知識が必要なのです。

入社当初は漠然と「建築のプロ」を目指すのだと思っていましたが、実際にプロジェクトに参加する中でIMPDの役割、「マネジメント」の立ち位置というものが理解できるようになりました。

仕事というものはすべてが連携であり、いま自分がした仕事を受けて次に仕事をする人がいる。そのことをどこまでも配慮しなければならない。それこそが、「マネジメント」という仕事の根本だと思っています。

頑張れば手が届くくらいの目標を設定し、「できる」と思って前進すること

今の私の目標は、プランニング、スケジュール管理、コスト管理、施工管理をトータルにこなせるマネジメント力を養いつつ、建築を専門に学んできたことを活かし、「プランニングに強い」マネジメントができる人になることです。

大切なのは自分を信じて「できる」と思うこと。マイナス発想ではじめから「できない」と思ってしまったら絶対に実現はしません。「できる」と信じて、「できるために何をするのか」というプラスの発想が大切なのだと思います。そしてもう一つ、「否定から入らず、まずは人の話を受け入れること」。これは、もともと負けず嫌いで、いつも自分軸で行動していた私が学生時代の先輩や友人から学んだことです。学校の寮生活での挨拶や掃除分担など、人間の関係性を大切にすることを教えてくれた寮の先輩たち、悩んでいた時に声を掛けてくれた友人たち。今でもとても感謝しています。この2つのことをベースに、頑張れば手が届く位の短期的な目標を設定し、そこに向かう成長の地図を描いて走り続ければ、必ず結果は出ると信じています。

父の影響から始まった建築への興味。子供の頃につくった竹林の2階建ての秘密基地。フランク・ロイド・ライトに憧れ、美術館や建築物、再開発を行っている街を観てまわった旅。そして、百貨店という特殊な環境での店舗デザインをマネジメントするIMPDへの就職。これからも、自分の人生を一歩ずつ着実に自分の足で歩いていきたいと思います。