ISETAN MITSUKOSHI PROPERTY DESIGN
椅子製造 浦山 智

浦山 智

urayama satoshi

製造部 (椅子)
S.60年入社

-入社のきっかけは

訓練校時代から木工を専攻しており、就職は家具工場と決めていました。
しかし就職先を決めるにあたっての会社見学の時期に、怪我をしてしまい、会社訪問することができませんでした。
後日、会社訪問してきたクラスメイトに「若いおまえなら、この会社よさそうだったぞ」と三越製作所を推薦されて、調べてみると、納品先が誰もが知っている
一流なところばかりで、この会社なら質の高い仕事ができそうだと思い、入社を決めました。

-今の仕事は?

入社してからは組立てに携わり、現在は椅子専門です。
しかし工場全体の仕事のバランスをみながら、どちらでも動けるよう臨機応変にやっています。

-仕事のやりがいとは

1枚の板や1本の棒が、手を加えていくことによって、どんどん手触りやかたちをかえていき、最後には美しい家具になる。それを最初から最後まで
自分の手でつくりあげられることが楽しいんです。
ずっとこの仕事を追及していきたいと思っています。

-こころに残る仕事

大きな物件の仕事もたくさんあるのですが、個人のお客さまのご依頼も結構あるんですよ。
ご自分が子供のころ使っていらっしゃったドールチェアを娘さんにも使ってもらいたいということで破損箇所を修理してプレゼントするような
お話ですとか・・・そういう修理をさせていただくと自分もこうやって長く愛される家具をつくりたいという気持ちになります。
安くてお手軽な家具もいいですが、やはり木工家具には丈夫で長く使っていただけるそれだけの魅力があるのだと思います。