建装・デザイン事業

建装・デザイン事業

ホテル、オフィス、公共施設、各種商業施設等多岐にわたり、上質な空間を創造します。企画からデザイン・設計、施工、家具・備品にいたるまで、空間創造のすべての場面をトータルにプロデュースできることが当社の強みです。また、家具製造の技術を伝承する直営の家具工場を都内に保有しています。

施工

業務内容

現場管理 --- 品質管理・工程管理・安全管理

現場管理とは建設現場において請け負った工事の進行をその全てに渡り管理監督する作業です。法的に定められた有資格者を配置し、その任務に当たります。

[品質管理]

建設工事における品質管理を徹底するために、製品検査を施工中様々な分野にわたって行っています。建物の品質保証、耐久性に欠く事のできない業務であり、時には設計者・お客さま同行のうえ直接確認をいただくことによって、間違いのない施工とするよう心がけています。
特注家具についても同様です。図面通りに仕上がっているだけでは納められません。私たちは製品検査を行い、品質管理を徹底することにより、設計者やお客さまの意図を実現することはもちろん、安全に長くお使いいただくことを願って進めています。

[工程管理]

お客さまにお約束した期日に完成物を引渡しするために、工程の管理は工事の基本です。当社が担当する内装工事は建築工事の最終段階であり、工程管理には特に緊張感をもって取り組んでいます。
例えば、百貨店の改装工事(リニューアル工事)は、営業を行いつつ進める事が基本です。閉店業務が終わり、開店業務が始まるわずかな時間内にその日の工事を完了させる必要があります。日中の営業に支障が出ないことを使命とし、緻密な施工計画と時間単位の工程管理で安全に工事を進めています。
こうした経験が蓄積され、ノウハウとして全社に浸透している当社は、最適な工程計画を立て、さらに工程の進捗管理を厳密に行ない、正確かつ柔軟に工事を進めています。

[安全管理]

当社が請け負う内装工事や家具備品工事は、建設の最終段階の仕上工事であり、そのため時にはあたかも建物が完成しているように見えてしまう事があります。そうした環境で工事を行っていると、どうしても仕上がりの良し悪しや工程遵守に意識が集中し、時として危険への意識が低下することが考えられます。
当社では、建設現場ごとに安全衛生管理計画を作成し、安全衛生管理の基本方針や安全衛生の目標、労働災害防止対策の重点事項等を定めているのはもちろんのこと、三越伊勢丹プロパティ・デザイン安全衛生協力会の事務局として、当社工事協力の各企業と共に、安全衛生への意識向上を目指し、各種講習会や講演会、安全パトロールを実施しています。

アフターサービス

引渡後にお客さまに気持ち良くお使いいただくことは、当社が目指す高品質な工事の一つであり、欠かせないサービスであると考えています。どんな小さな事でも、有償無償に係らず、最善の解決法を提案し、対応します。